不動産売却は一括査定を申し込むところから始めよう

不動産売却は一括査定を申し込むところから始めよう

子供の成長に伴って引越しを検討していたり、相続した不動産を売りたい場合などでも、不動産売却は滅多に経験しない大きな出来事ですから、なかなか決心が付かないことも当然です。そこで、先ずは不動産の一括査定を申し込んで、相場を把握するところからスタートしましょう。

訪問見積もりを依頼して担当者との相性をチェック

有利に不動産を売るには相場を知ることが大切ですから、最初のステップとして、複数社へ査定を依頼できる一括見積もりサイトを活用するのが得策です。一括見積もりサイトでは所在地や築年数など、物件情報だけで見積もりを依頼できるほか、訪問査定にも対応する場合がありますので、実際に担当者を呼んで見積もってもらいましょう。特に仲介販売で住まいを売る場合は、査定額のほか、担当者の実力や相性などが重要になるケースが多くなっています。ですから担当者が住まいを見積もっている最中、依頼者はその仕事ぶりや対応などをキチンとチェックするのがポイントです。

仲介販売を頼む不動産業者を選ぶなら

仲介販売では提案された査定価格で売り始めることは少なく、殆どの場合、売主の希望も交え、相談した上で販売価格を決定するのが一般的です。もちろん相場から掛け離れた強気な価格では買い手が付きにくいですが、一定の範囲なら希望価格を上乗せできるのが仲介販売の魅力です。ですから、価格次第では売りたい、といった場合に最適な売却方法です。また、仲介販売の契約先を決める場合、交渉力の高い担当者が所属する業者を選びたいところです。例えば、容易に値引き交渉に応じることがなく、満額での売却を目指してくれる不動産業者が理想的です。仲介販売では専任契約や専属専任契約の場合、1つの業者としか契約は結べませんが、1社に絞り込めない際は、一般契約を選択して、複数社にお願いするといった方法もあります。

住宅ローンが完済していなくても不動産は売れる

住宅ローンが残っている状態でも不動産売却はできますので、ローンの返済が厳しくなった場合でも、売却に取り組めます。この場合、住宅ローンの残高を一括で完済することになるため、査定を受ける際、担当者に告げておきましょう。一方、査定で有利となるポイントには、駅から近いほか、静かな住宅街であることや、南向きに建っていることなども挙げられます。マンション物件なら、通行人の視線やセキュリティの観点から、高層階も好条件です。さらに何れの住居形態でも、対面キッチンやアイルランドキッチンは人気設備ですから、査定の時は積極的にアピールしましょう。

まとめ

不動産売却では複数の業者へ見積もりを依頼して、相場を把握した上で、交渉力に優れた担当者や、相性の良い業者を選びましょう。また仲介販売は、査定額に希望額を上乗せして販売価格を決められますから、価格次第では売りたいと願いつつ、決心が付かない場合にも最適です。一方、不動産は住宅ローンが残っていても売れますので、担当者と相談してみましょう。そして、住まいの良いポイントは、積極的にアピールするのが肝心です。

比較ページへのリンク画像