不動産売却にかかるさまざまな経費

不動産売却にかかるさまざまな経費

記事のイメージ画像

不要な不動産なら、いっそのこと売却してしまった方がすっきりしますし、お金が手元にできることから、お得な気がします。しかしながら、売却が完了するまでには経費もかかるため、ある程度経費に対応できる現金を用意しておくことが大事です。

どんなことにどのくらいの経費が必要になるのか

不動産売却という経験は、一生のうちでそう何度も経験することではありませんので、初めて取り組むという人も多いでしょう。もしかすると、不動産の取得はあっても、売却の経験は一度もしないという人も多くいると思われることから、不動産購入よりもやりかたをはじめとして、どのくらいの経費が掛かるのかを全く知らないという人も少なくないと考えられます。そこで、どんなことにどのくらいの経費が必要になるのか、不動産売却にとりかかるまえにしっかり調べて知識を持っておくことが重要になってきます。知識があれば、不安も大きく後退するでしょう。

不動産を売却するのに必要な関係先

不動産売却をするにあたって、どうしてもこの人の力を借りなければ、手続きが先へ進まない相手が不動産会社です。不動産会社に対しては仲介手数料を支払うことになりますが、これがそこそこ高額の経費となります。また、不動産売却と共に税金を支払う必要がありますので、売却益の金額に対して計算された税金を支払うことになります。この二つが、経費の中では抜きんでて多くの費用を要する項目だと考えておいて間違いないでしょう。仲介手数料に関しては、複数の不動産会社に打診し、仲介手数料がもっとも安いところに決めるという方法も有効です。

印紙に抵当権抹消登記費用も考えておこう

売却をしたいと考えている家に抵当権が設定されているときは、それを抹消することが必要となってきます。そうでないと、抵当権付きの物件を買おうという人など現れないからです。この手続きは自分でやれなくはないものの、手間と専門知識が必要となってきますので、時間が取れない人や、失敗して何度もやり直しといったロスを防ぎたい場合には、司法書士に頼むのがベターです。また、不動産売買契約書には収入印紙を貼りますので、印紙代という経費が発生します。買主・売主の両方に渡す場合には、それぞれに貼付するための印紙が必要になります。

まとめ

不動産売却にかかる経費はいろいろあるだろうなとは思っていたものの、実際にどんなことにどれだけのお金がかかるかを知れば、思っていたよりも出費がかさみそうだということになるかもしれません。印紙税や税金を減らすことはできませんので、唯一抑えることが可能な仲介手数料に望みをかけるのも、交渉術の一つです。

比較ページへのリンク画像