不動産売却における瑕疵のトラブルと登録免許税及びマンション売却に関する事柄

不動産売却における瑕疵のトラブルと登録免許税及びマンション売却に関する事柄

記事のイメージ画像

不動産売却を行う際に注意しておきたい事柄が存在しているので、それを理解した上で売却に臨むことが賢明だと言えます。またトラブルも発生する可能性も否定できないので、その対策も知っておくことも重要だと思われます。

瑕疵問題に関連しているトラブル

不動産売却を巡るトラブルは複数存在していますが、瑕疵問題もその一つだと言えます。不動産売買において、隠れていた瑕疵が見つかった場合、売主がその責任を負わなければならないとされています。ただし、瑕疵に関して売主が知っていた場合を除いて、免責特約に加入していた時はその責任を回避することが可能になります。とはいえ、契約を結んでから引き渡しがなされるまでに瑕疵が見つかる場合もあり、軽率に引き渡しをするのは良くないと思われます。従って、トラブルが起こらないようにするためにはきちんと知らせることが大切です。

登記に関する費用の一つである登録免許税

不動産売買においては登記が関わることになりますが、登記は所有権を始めとする権利を公に知らせるために存在します。不動産売却の場合、生ずるとされる登記は所有権移転登記などが列挙されています。ところで、登記に関連する費用の一つに登録免許税があり、これは謄本の内容を変更する際にかかる費用です。それを負担する人間に関してですが、法律によれば不動産売買だと売主と買主が一緒に支払うことになっています。ただ、登記で利益が得られる人間が支払う必要があるという考え方があるのが実情です。そのことから、所有権移転登記などにかかる費用は買主が負担するというのが慣行になっています。

マンションを売却する場合の注意点

マンションを売る場合に注意しておきたいことがあり、計画性及びゆとりを持つということもそれに当てはまります。さほど長い月日をかけずに売れることもあれば、長い期間が過ぎても売れない場合があります。マンションの売却は運の要素もあるので余裕を持つようにすることが大切です。また売却によって得られたお金をマンションの購入資金の一部にするのであれば、ゆとりのある資金計画を立てるよう心掛けます。内覧の際は部屋の整理整頓などをするようにし、これは売れるようにする上では重要なことだと言えます。他にもありますが、以上に挙げた注意点を理解した上で売却に臨むようにします。

まとめ

不動産売却を行うのであれば、あらかじめ関連する知識を身に付けるようにすることが重要です。またマンションの内覧においては、購入を考えている人を買う気にさせるために工夫をすることが欠かせないと考えられます。

比較ページへのリンク画像