不動産売却の理由と流れを確認しよう

不動産売却の理由と流れを確認しよう

土地や建物のことを不動産と言います。不動産売却をする方は増加の傾向にあります。売却の理由と流れを理解することが良いです。どうして不動産を売却しようと考えたのか最初に考えてみましょう。そして売却までの流れを理解しておきましょう。

不動産を売却したい理由を考えてみよう

不動産売却の理由は色々あります。例えばこのような理由があると考えられます。住み替えだけでも子供が大きくなって狭い家に住みたくなりました。子供の成長で大きな家に住みたいです。気分転換で別の場所に住みたくなりました。地元に帰ろうと考えました。支払いが難しく手放したいです。様々な理由がありますが明確にした方が良いです。売却の目的を告げる必要があります。不動産会社への査定を依頼する時に売却の目的を聞かれます。その時に理由をはっきりと告げておいた方が良いです。売主も目的がはっきりした方が決心がつきます。売却に向けて動きやすくなります。

不動産売却の流れを理解しましょう

最初にどのくらいの金額がつくのか査定をしてもらいましょう。自分で相場を確認することもできます。相場をネットから調べられます。ネットの掲載情報を参考にして相場を調べます。近隣の売り物件の金額を参考にすることもできます。不動産会社へ査定の依頼をします。納得がいく金額の提示でしたらそのまま売却を進めましょう。納得がいく金額が出ない場合には、希望を告げることも可能です。複数の不動産会社へ依頼ができます。売りに出す時には、不動産会社と媒介契約をします。その時も複数の不動産会社と媒介契約が可能です。色々な売り方がありますので複数依頼をお勧めします。

売却に向けての準備と契約までの流れ

物件を良い印象にするために掃除をしましょう。特にキッチンやお風呂の水周りは念入りに掃除をしましょう。できるだけ荷物は撤去しておきましょう。引き渡しの時には何もない状態で引き渡しとなります。しかし、見学の時にイメージできるようなインテリアを置いておくことも良いです。ソファや観葉植物などは印象が良いです。買主が決まると契約となります。詳しい物件の情報や参考資料などは渡しましょう。契約締結後のトラブルを防げます。物件の宣伝から見学の案内、契約、引き渡しまで不動産会社が行います。契約を交わすと引き渡しとなります。

まとめ

不動産売却は難しくありません。物件を綺麗にして印象を良くします。後は不動産会社へ依頼して売れるまで待ちます。買いたい方がいたら契約となります。物件の引き渡しまで不動産会社が行います。安心して依頼しましょう。

比較ページへのリンク画像