不動産売却に関する一番良いタイミングはいつが良いか

不動産売却に関する一番良いタイミングはいつが良いか

所有する不動産の売却を考えたとき、やはり少しでも高額で売りたいものです。しかしながら、相場や需要と供給によるバランスなど、一般的に金額がわかりにくくなっており、また、売却のタイミングもどの時期が良いかも判断が難しいものです。専門業者に相談するにも不安を感じるものであるので、少し心構えをご説明します。

不動産を売る理由と目的は何かを考える

所有する不動産を売却しようと考えたときの一番の理由は何かを見直してみて下さい。現金化したいとしたら、いくら必要なのか、いつまでに必要なのかを考えるし、持て余して管理に困っている不動産ならば、なるべく早く手放す方法を優先するなど、その一番の理由と、その目的に応じて以来の時期や、査定された金額などを決めていくことが大切なのです。一番良いときに売りたいという理由であっても、所有したり、利用したりすることで目的が満たされているのであれば、それは売って良い不動産ではありません。時代や経済といった外的要因の理由ではなく、自分自身の売却理由を明確に持つことが必要なのです。

売りたいときに売りに出すことが大切です

一番良いときに売りたいと言って不動産業者に相談したとしても、その物件を欲しいという需要が無ければ一番良いとは言えないし、需要があっても、金額的に低ければそれも一番良いとは言えません。自分自身の売却理由を明確に持つことが出来ていれば、金額であれ、時期であれ、その時の需要で売却しても後悔はなくなります。ですので、明確な理由と、目的があり、自分自身が売りたいと思ったときに売りに出すことが大切なのです。その時点で不動産業者に依頼するや、購入希望者と交渉するなどして下さい。まだ売る気がないのに、将来的なことを気にしすぎていると本当に売りたいときを逃してしまうこともあるのです。

売りに出す時期と売れる時期は違います

売りたいときと売れるときが必ずしも一致するかというとこれはご縁と言って一番難しいことなのです。一番良いときに売りたいと思って売りに出してもすぐ売れない事も多くございます。そんな時こそ自分自身の売却理由を明確に持つと言う原点に帰り、売却金額が理由ならば時期は待つこと、早期売却が理由ならば、値下げしてでも売ってしまうことなど理由と目的に応じてタイミングを変えてみて下さい。バランスを取った目的達成となったときが、一番良いときに売れたと考えられると思います。あまり損得にとらわれずに、購入希望者がいなければいずれにせよ目的は果たせないのですから、売れたときが一番良い時だったと思うようにしてみて下さい。

まとめ

不動産売却は相場や需要と供給に大きく影響され、更には人物件に一人の買い主を見つけること、そして2つと同じものがない中で比べられることが多く、簡単に成立はしません。しかしながら購入希望者はいつの時代も居ること、そして不動産売却をお考えの方がいて初めて物件が流通していくこととなりますので、自分自身の確かなタイミングを見逃さなければ、良い不動産売却のお取引となるかと思います。

比較ページへのリンク画像